042-573-2360
【診療時間変更のご案内】

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)といっても色々な種類のものがあります。

患者さまの状況によって使い分けることができます。近年、インプラントが注目を集めていますが、入れ歯のメリットも決して無視できるものではありません。

レジン床義歯

「床」という言葉は、入れ歯の土台となる部分を指しています。この「床」をレジンで作ったものが「レジン床義歯」です。

 

レジン床義歯は基本的に保険適応ですので、安価で作ることができます

破損時の修理が比較的簡単であるという特徴もあります。

 

金属床義歯

「床」という言葉は、入れ歯の土台となる部分を指しています。この「床」を金属で作ったものが「金属床義歯」です。

 

レジン床義歯に比べ、高い強度があり、「床」の厚みを大変薄くすることができるので違和感を大きく減らすことが期待できます

また、レジンと違い食べ物や飲み物の温度を通すので、食事もよりおいしくいただけます

ノンクラスプ義歯

従来のものと違いバネを用いない入れ歯であるため、見た目がキレイで自然な仕上がりになります

写真左がノンクラスプ義歯です。写真右が従来のばねを用いた保険のレジン床義歯です。

 

インプラントオーバーデンチャー

少ないインプラント(2本~)で入れ歯を支える方法です。

顎堤(歯が抜けた後の骨の土台)の吸収が大きな場合や、もっと安定して食べ物を噛みたい場合などには非常に有効な方法です

入れ歯はご自身で取り外しができます。インプラントオーバーデンチャーは少ないインプラントの数で有効なため、少ない経済負担で大きな効果を得ることができます。

磁性アタッチメント

入れ歯と残っている歯のそれぞれに磁石を取り付けることによって、入れ歯の安定感や食べ物を噛む能力を高める方法です。

カチッと入れ歯が固定されますし、バネが無いので見た目も良いです。